APEC後の市場、「果敢」にドル押し下げも-英RBSのギブズ氏

英銀ロイヤル・バンク・オブ・ス コットランド・グループ(RBS)は16日、アジア太平洋経済協力会 議(APEC)首脳会議後の市場ではドルに対する一段の下押し圧力 が生じる可能性があるとの見方を示した。

RBSの為替ストラテジスト、グレッグ・ギブズ氏(シドニー在 勤)は同日付のリポートで、「市場は長期的なドルの価値について引き 続き非常に弱気だ」と指摘。「内需拡大促進についての詳細や柔軟な為 替相場実現への意欲表明がなかったことは、アジア諸国が依然として 為替相場による競争力強化の政策を追求し、自国通貨を弱いドルとほ ぼ連動させる考えであることを示唆した。今まで何らかの不安があっ たとしても、週末の一連の会議はドル押し下げについて市場を果敢に するだろう。市場はアジア諸国の中央銀行が外貨準備を積み上げ続け ることへの自信を深めた」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE