【注目株】キヤノン、ソニF、百貨店、ダイワボ、ジーモド、三井倉

17日の材料銘柄は以下の通り。

キヤノン(7751):オランダのオセ社を連結子会社にすることで同 社と16 日、合意した。2010年1月から3月までオセ株式の公開買付 (TOB)を実施、最大7億3000万ユーロで取得する。また、同社優 先株式にかかわる預託証券を6500万ユーロで取得、有利子負債のリフ ァイナンスを必要に応じて実施する。

ソニーフィナンシャルホールディングス(8729):生命保険事業の 好調に加え、預金金利の低下などで銀行事業も改善、上半期(4-9 月)の連結純利益は前期比92%増の234億円となった。2010年3月通 期の純利益予想は前期比17%増の360億円で据え置き。

Jフロント リテイリング(3086):10月の連結売上高は前年同月 比12%減少した。主力の百貨店事業が紳士服などの低迷で同12%減と なったほか、スーパーマーケット事業も5.5%減と苦戦した。

高島屋(8233):10月の売上高は前年同期比12%減だった。前年 に比べ土曜日が1日多かったものの、台風などの影響で主力の百貨店 が低迷、クロスメディア事業も同8.5%減と苦戦が続いた。

ダイワボウホールディングス(3107):公募増資などで最大118 億円(手取概算額)を調達する。調達資金は、ダイワボウ情報システ ム株式取得のための借入金の返済に充てる。同社が16日、関東財務局 に提出した有価証券届出書で明らかになった。

ジー・モード(2333):同社株の20%を保有するアプリックス (3727)が、ジーモードを連結子会社とすることを目的に株式公開買い 付け(TOB)を実施する。TOB価格は1株当たり2万5400円で、 買付代金の総額は8億6533万円となる。TOB成立した場合のアプリ ックスの議決権比率は60.58%となる予定。

パーク24(4666):駐車場運営事業を柱とした10月の売上高は、 前年同月比9.3%増の74億8900万円となった。これにより、2009年 10月通期は速報ベースで前期比8.6%増の850億円となっている。

ニッパンレンタル(4669):公共事業投資の縮減に加え、企業収益 の悪化で民間建設投資も低迷、今期(09年12月期)連結純損益は3 億4000万円の赤字になる見込み。前回予想は4000万円の赤字だった。

梅の花(7604):不採算店の閉鎖などで外食事業の収益は上向いた が、為替相場の変動でデリバティブ評価損を計上した結果、前期(09 年9月期)の連結純損益は2億1100万円の赤字だった。今期は外食で 2店の出店を計画、リストラ効果などもあり、連結純損益は1億3600 万円の黒字化を見込む。

コーナン商事(7516):130%コールオプション条項付きの転換社債 型新株予約権付社債(CB)を発行する。差引手取概算額は33億8000 万円で、全額を設備資金に充てる予定。

オンキヨー(6729):転換社債型新株予約権付社債(CB)と新株 予約権を発行し、概算で最大7億2000万円を調達する。いずれも米イ ンテルの100%子会社インテル・キャピタルに割り当てる。調達資金 は新製品開発、新市場開拓などに充てる。

東祥(8920):公募増資で最大6億7300万円の資金を調達する。オ ーバーアロットメントによる売り出しに備えた第三者割当増資も行わ れた場合のファイナンス後の発行済み株式総数は、現状比7%増の 1774万2351株となる予定。

三井倉庫(9302):発行済み株式総数の7.17%に相当する1000万 株を上限に今月17日午前8時45分の東京証券取引所の自己株式立会 買付取引(ToSTNeT-3)で買付委託を行う。取得価格の上限は約32 億 円。

ひまわりホールディングス(8738):資本効率の向上を図り、17日 午前8時45分のジャスダック証券取引所の立会外取引市場で、最大 25万株の自己株式を買い付ける。取得価格の上限は9850万円。

共立印刷(7838):11月25日から12月1日にかけて計75万株を 立会外で分売する。分売実施日の前日終値を基準に分売価格を決定す る計画で、買い付け顧客1人につき5000株を買い付け申し込み数量の 上限とする。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE