中国株(午前):上海総合指数、2週間ぶり大幅高-消費・資源株上昇

16日午前の中国株式市場で、上海 総合指数は2週間ぶりの大幅高となった。商品が値上がりしたほか、 政府報道官が小売売上高の伸び加速を予想したことを受けて、消費株 と資源株が高い。

中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)と酒造メーカー国内最大手の貴州茅台酒(600519 CH)は いずれも3%余り上昇。亜鉛生産で最大手の株州冶煤集団(600961 CH) は2.6%高、石炭で国内最大手の中国神華能源(601088 CH)は5%高 となっている。数十年ぶりの大雪が亜鉛や石炭の供給を妨げている可 能性があるとの観測が背景。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現 在、前週末比70.79ポイント(2.2%)高の3258.43と、2日以来で最 大の上昇。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数 は同2.5%高の3607.61。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE