中国の海通証券の株取引が停止-大福証券に対する買収提案報道で

時価総額で中国2位の証券会社、 海通証券の株式の売買取引が上海市場で停止されている。中国紙、東 方早報はこの日、同社が香港の大福証券グループに対して買収提案を 行う可能性があると報じた。

上海を拠点とする海通証券の株取引は、同社が報道に関する発表 を行うまで停止される。同社は詳細を明らかにしていない。別の発表 文によれば、上場証券会社で香港2位の大福証券と親会社の新創建集 団(NWSホールディングス)も香港市場での株取引が停止されてい る。

海通証券が大福証券を買収すれば、中国の証券会社が香港の証券 会社を買収する初のケースとなり、海通証券は世界5位の株式市場で ある香港に足場を得ることになる。新創建集団は11日、大福証券の株 式の62%を売却する可能性があると表明した。

中信証券(Citic証券)のアナリスト、黄華民氏(上海在勤) は「今回の買収が直ちに海通証券に利益をもたらすことはないだろう が、国際的基盤はないよりもあった方が望ましい」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE