コメ価格:1トン=1000ドル超に倍増も-干ばつや嵐でアジアが輸入増

コメ貿易業者で世界最大手、タ イのアジア・ゴールデン・ライスは、インドの干ばつやフィリピンを 襲ったサイクロンで収穫に被害が及ぶ中、コメ価格の上昇は避けられ ないとの見方を示している。

同社の副マネジングディレクター、サルンユ・ジームシンクル氏 は、コメが現在の倍の1トン当たり1000ドル(約8万9700円)超 に値上がりする可能性があると予想。エルニーニョ現象による乾燥し た気候を受けたコメ生産の減少や、フィリピンやインドの輸入拡大を 理由に挙げた。タイは世界最大のコメ輸出国。

世界最大のコメ輸入国であるフィリピン国家食糧局のレックス・ エストペレス報道官は、来年3月までコメ価格がピークを打つことは ないとの見通しを示した。同局は先週、値上がり前に供給を確保する ため、過去最大規模となる60万トンのコメ購入計画を明らかにした。

ベトナムやタイ、インド、シンガポール、パキスタンの10の輸 出入業者やアナリストを対象に先週行った調査の予想最高値では、タ イ米価格が昨年高値の1トン当たり1038ドルへ高騰する可能性が示 された。予想中央値は700ドルで、最低は600ドル。16日現在は542 ドルとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE