台湾証取:奇美電子と群創光電の合併発表で調査中

台湾証券取引所は、台湾2位の液 晶表示装置(LCD)メーカー、奇美電子が薄型パネル組み立ての群 創光電による買収を発表する前日に、交渉中であることを否定して投 資家を誤った方向に誘導したかどうかについて、調査していることを 明らかにした。

奇美電子は13日、同証取への報告書でそうした合併計画はないと 表明し、鴻海集団や友達光電(AUO)などが同社の買収を模索して いるとの経済日報の報道を否定。ところが、翌14日には鴻海集団傘下 の群創光電が両社の合併を発表した。

台湾証取の広報担当者、スタンレー・チュー氏は16日、電話取材 に応じ、「一段の調査が必要だ」と述べた。奇美電子の広報担当者、デ ニス・チェン氏は、今のところ調査について何も聞いていないとした ものの、同社はいかなる調査にも協力する方針だと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE