割安株狙う投資家はフランスやカナダに照準-世界的なPER上昇で

世界の株式相場が過去70年で最 も急激な上昇を演じたことから、割安株を探す投資家はカナダの保険 会社株やスペインの建設会社株、フランスの多角経営企業ビベンディ に注目し始めている。

カナダ最大の保険会社マニュライフ・ファイイナンシャルの利益 は2倍に増加する見通しだが、同社株は年初来でマイナス圏にある。 スペインの建設エンジニアリング会社オブラスコン・ワルテ・ライン の株価 収益率(PER)はこの10年の平均を28%下回っている。ビ ベンディは3年ぶり安値に下落しており、世界の株式相場に比べて 37%割安な水準だ。

世界の銀行株は過去8カ月間で2倍強に急騰し、コンピュータ ー・ソフトウエア株は73%上昇していることから、インベスコとデラ ウェ ア・インベストメンツ、デルファイ・マネジメントは一段と真剣 に割安株を探すことを迫られている。ブルームバーグが集計したデー タによると、MSCI世界指数は3月以降68%上昇し、実績ベースの PERは2002年以来最高だ。

インベスコ・グローバル・ストラテジーズの世界株式担当チーフ投 資責任者、エリック・グラネード氏は「相場回復の多くは、単純にリ スク選好の回復によるものだ」と指摘し、「より正常な水準に戻った今、 投資家の関心は一段と広がる可能性がある」と述べた。

同氏は仏製薬会社で新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の ワクチンを供給しているサノフィ・アベンティスの株式を購入したと いう。ブルームバーグのデータによると、サノフィの2010年予想PE Rは8.1倍。同社株は年初来で13%高。

欧州株

ブルームバーグのデータによると、スペインとフランス、ドイツ の主要株価指数は来年の予想PERが12倍を下回っており、先進国の 時価総額上位10カ国では最も割安だ。これに対しMSCI世界指数の 予想PERは13.8倍、日本株は19.4倍、香港株は15倍、米国株は 14倍。

デルファイ・マネジメントの社長として9億ドルの運用に携わる スコット・ブラック氏は今の株式市場で価値を見いだすのは、相場上 昇中に「無視された」銘柄を拾うことを意味すると述べ、「現在のPE Rでは、ただカネを動かすのは凡人の行いであり、市場は選別されて いるため、目を凝らす必要がある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE