【中国・注目株】紫金礦業、ペトロチャイナ、深セン市機場

中国株式市場での主な注目銘柄 は以下の通り。株価と株価指数は13日終値。上海総合指数は14.70 ポイント(0.5%)高の3187.65。CSI300指数は0.5%高の3518.72。

金鉱株:金相場はアジア時間帯の取引で過去最高値に上昇。金現 物相場は一時0.7%高の1オンス=1126.07ドルを付けた。これまでの 最高値は12日に記録した1123.38ドル。産金会社の紫金礦業(601899 CH)は0.8%安の9.65元。山東黄金礦業(600547 CH)は2.4%安の

73.28元。

石油関連株:ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の時間外取 引で、原油先物12月限は一時50セント(0.7%)高の1バレル=76.85 ドルを付けた。シドニー時間午前10時10分(日本時間同8時10分) 現在は76.82ドル。中国の石油生産最大手、中国石油(ペトロチャイ ナ)(601857 CH)は0.2%高の13.53元。中国最大の石油精製会社、 中国石油化工(Sinopec、600028 CH)は0.3%安の11.90元。

深セン市機場(000089 CH):空港サービスを手掛ける深セン市機 場は事業拡大のため、84億8000万元を投資する計画だ。深セン証券 取引所に提出した文書で明らかにした。計画は中国当局の承認が必要。 株価は1.8%高の7.46元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE