サッポロ:当局の調べに全面協力-福永社長傷害容疑で送検

サッポロホールディングスは16 日、福永勝社長が傷害容疑で書類送検されたことについて、「今後も検 察当局の調べに全面的に協力するとともに、引き続き事実認識をご理解 いただけるよう努力していく」とのコメントを発表した。

毎日新聞(電子版)は、サッポロの福永社長が今春、福島県郡山市 で得意先の40代の女性飲食店経営者を殴ってけがをさせたとして、県 警郡山署が13日、福島地検郡山支部に傷害の疑いで書類送検したと報 道。同社は14日、ホームページで「報道の一部に『殴った』という文 言が出ておりますが、弊社事実認識とは大きく異なっております」との コメントを発表した。

同社はこのコメントの中で、「社長はお得意先の飲食店を訪問し、 退店の際に平素の感謝の気持ちを込めて、当該店舗の責任者様の両ほお を両手で挟みました」と説明。「当事者様との円満な解決に向け鋭意努 力」するとコメントした。

また「社長は不快な思いをさせたのではないかとの気持ちから、そ の場でおわびし、さらに翌日から2日間にわたってお訪ねし、重ねてお わび申し上げました」ともコメントの中で述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE