TOWA株4カ月ぶり安値、営業赤字転落へ-上期の価格競争激化(Upd

半導体製造装置メーカーのTOWA 株が一時、前週末比7.7%安の531円と3営業日ぶりに急反落。上半期に 中国で厳しい価格競争を強いられ、2010年3月期は一転営業赤字に転落 する見通し。修正数字はアナリスト予想も下回り、業績悪化を嫌気した売 りに押され7月15日以来、約4カ月ぶりの安値を付けた。午前10時18 分時点で大証1部の下落率4位。

同社は13日、10年3月期の連結営業損益予想を5億円の赤字(前期 は33億3700万円の赤字)に下方修正した。従来予想は1億円の黒字。ブ ルームバーグ・データにあるアナリストの予想値(7700万円の黒字)も 下回った。中国向けの付加価値の低い製造装置で競争が激化し、上期は単 価を引き下げざるを得なかった。下期に未達部分を補てんし切れないと判 断、下方修正に踏み切ったという。

もっとも、同社の経営企画室の村松優慶氏は「上期は中国向けの廉価 な製品が厳しかった。しかし、足元は投資減税の影響もあり、9月以降は 台湾向けの半導体製造装置が思った以上に良い」と述べた。台湾の投資減 税は来年まで続くという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE