東京外為:円小動き、GDPは予想上回る伸び―影響は限定的

東京外国為替市場では円相場が小動 き。朝方に発表された日本の7-9月期国内総生産(GDP)が市場の 予想を上回る伸びとなったものの、影響は限定的となっているようだ。

ドル・円相場は1ドル=89円60銭前後と、前週末のニューヨーク時 間午後遅くに付けた89円66銭近辺で取引されている。

午前8時50分に発表された7-9月期の実質GDP1次速報値は、 前期比年率で4.8%増と2四半期連続でプラス成長となった。前期比で は1.2%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE