TOPIXは4日続落、増資懸念で三菱UFJや日立急落-半導体も

東京株式相場は、TOPIXが4 日続落。増資による1株価値の希薄化観測が広がった三菱UFJフィナ ンシャル・グループのほか、増資発表の日立製作所や三井化学がそろっ て急落した。需給悪化懸念を背景に、東証1部の33業種では銀行、証 券など金融セクターの下げが目立った。半導体市況の下落や景気先行き 懸念から電機株も安い。

大和住銀投信投資顧問の門司総一郎投資戦略部長によると、「企業 の公募増資、金融機関の自己資本規制による保有株式売却など、相場観 に関係なく出てくる売りが多い」という。市場全体の売買高が少なく、 特に目立った売りが出ている状況ではないとしながらも、「それ以上に 買いが少ないだけに、需給要因の悪化を吸収できなくなっている」と指 摘していた。

TOPIXの終値は前週末比6.38ポイント(0.7%)安の860.42。 東証1部銘柄のうち、約7割が安かった。一方、ファーストリテイリン グの押し上げ効果(34円)により、一部銘柄の影響を受けやすい日経 平均株価は20円87銭(0.2%)高の9791円18銭と3日ぶりに反発。

先週末13日の米国株、16日のアジア株が総じて上昇する中で、日 本株は海外の動きから取り残された感が強かった。時価総額全体の動き を示すTOPIXは一時857ポイントまで下げ、7月13日に付けた直 近安値852ポイントに接近。来年以降の景気先行き懸念が根強く、以前 から増資観測が出ていた銘柄も、悪材料出尽くしとなりにくい。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト調査によると、三 菱UFJは今週中にも1兆円程度の増資を発表する可能性がある。また 三井化学は公募増資などで最大643億円を調達すると13日に発表、日 立も16日に、公募増資などで手取り概算上限4157億円を調達すると発 表した。金融機関を中心に大型増資ラッシュの様相を呈している。

トヨタアセットマネジメント投資戦略部の浜崎優シニアストラテジ ストによると、「今日の下げは理屈抜きに需給不安。積極的なエクイテ ィ・ファイナンスで今まで以上に利益率が上がる構造は見えず、投資家 から支持を得られるかも心もとない」という。

TOPIXの下げを主導したのは銀行、証券、その他金融株。三井 住友フィナンシャルグループの下落率が三菱UFJを上回るなど、下げ が大きかった。カブドットコム証券の山田勉マーケットアナリストは 「三菱UFJの増資の可能性が高まったことで、金融株のファイナンス は野村ホールディングスから2順目に入ったことが決定した」と話して いた。

このほか、13日の台湾のDRAM市況は、ベンチマークとされる 容量1ギガ(ギガは10億)ビット品の指標が3.3%安と急落。これを 受け、東芝やエルピーダメモリ、NECエレクトロニクスなど半導体関 連株も安い。「半導体市況は改善傾向が長く続いていたが、足元での市 況下落は新学期セールや年末商戦向け受注に一巡感が出てきたという根 拠になってくる」と、三菱UFJ証券の鮎貝正弘シニア投資ストラテジ ストは見ていた。

設備投資のプラスは「サプライズ」

一方、朝方発表された日本の7-9月期GDP(国内総生産)成長 率は、個人消費や民間設備投資の貢献から市場予想を上回り、足元の景 気が回復基調にあることを示した。「設備投資がプラスになったことは サプライズだった」と、大和住銀の門司氏は評価する。設備投資の代表 銘柄であるファナックは日経平均の上昇寄与度で、ファーストリテイリ ングに次ぐ2位だった。

もっとも、中央三井アセットマネジメントの寺岡直輝運用部長は、 「前政権の対策効果で景気が持ちこたえている状態。現政権の政策の不 透明感がある中、今後どうなるのか不安がある」と指摘。既に終わった 7-9月期の改善だけでは、時価総額全体の値動きを示すTOPIXを プラスに押し上げるには力不足だった。

東証1部の売買高は概算18億4482万株、売買代金は同1兆1562 億円。値上がり銘柄数は421、値下がり銘柄数は1186。

関電化が急落、大陽日酸はストップ高

個別では、上半期業績が計画に対して上振れたものの、10年3月 期の業績予想を据え置いた関東電化工業が値幅制限いっぱいのストップ 安。10年3月期の連結純利益が従来予想を下回る見通しとなった太平 電業も一時ストップ安まで売られた。上半期決算は最高益を更新したも のの、通期予想を変更しなかった新日本科学も大幅続落。

半面、4-9月期の連結営業利益が事前計画を上回り、野村証券が 投資判断を引き上げた大陽日酸が値幅制限いっぱいのストップ高。6万 株(発行済株式数の1.4%)を上限とする自社株買いを実施するリソー 教育もストップ高。決算発表を受けて、大和証券SMBCが増資懸念は 非常に小さく、強気の投資スタンスで注目するとした千葉銀行は反発。 10年3月期の連結純利益予想を大幅に増額修正した札幌北洋ホールデ ィングスも急反発となった。

マザーズ指数は1年超ぶりの10日連続安

新興市場も続落した。ジャスダック指数の終値は前週末比2.2%安 の46.12と4日続落。東証マザーズ指数は1.6%安の384.32と1年1カ 月ぶりの10日連続安。大証ヘラクレス指数は2.7%安の527.48と6日 続落。

個別では、上半期の連結純利益が計画値を66%下回り、通期予想 も引き下げたUTホールディングスがストップ安。通期業績予想を下方 修正したフェローテック、売り出しを発表したグリーもそろって急落し た。売買代金上位では楽天、田中化学研究所、ミクシィ、日本通信など が大幅安。

半面、10年9月期の連結営業利益が前期比34%増見通しのサイバ ーエージェントが大幅高。上半期の純利益が従来予想を大きく上回った もようのヒューマンホールディングスはストップ高比例配分。売買代金 上位では、オートウェーブ、スタートトゥデイが高い。

--取材協力:近藤 雅岐、池田 亜希子 Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE