初のTALF利用CMBS、16日にも募集へ-ゴールドマンが幹事

ディベロッパーズ・ダイバーシ ファイド・リアルティ(オハイオ州ビーチウッド)は16日にも、ショ ッピングセンターを裏付けとした商業用不動産担保証券(CMBS) 4億ドル(約360億円)相当を募集する見込みだ。米政府の商業用不 動産市場下支え策を活用する初のケースとなる。

事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に述べたところによると、 最高格付け部分3億2350万ドル相当の利率は指標のスワップレート に140ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せした水準と なる見込み。上乗せ幅(スプレッド)は当初、最大175bpと見込ま れていたが、需要動向に基づいて低くなったと関係者は述べた。

同証券の発行は米ゴールドマン・サックス・グループが幹事を手 掛ける。米連邦準備制度理事会(FRB)のターム物資産担保証券ロ ーン制度(TALF)を利用する初のCMBSとなる。FRBは6月 にTALFの対象に新規発行のCMBSを加えた。

ドイチェ・アセット・マネジメントのマネジングディレクター、 ジェームズ・グレーディ氏は、この案件について「市場にプラス」で はあるものの、必ずしも大量の新規発行がこれに続くわけではないと の見方を示し、「この件への需要は好調だが、次の案件も同様に受け 入れられることを意味するものではない」と話した。

CMBSのAAA格付け部分を購入する投資家はTALFを利用 して調達コストを抑えられるため、CMBS投資のリターンが向上す る仕組み。TALFは当初、消費者と中小企業向けローンを裏付けと した証券を対象に3月に導入された。グレーディ氏はCMBS購入で のTALF利用は必須ではなく、ディベロッパーズ・ダイバーシファ イドの場合は自己資金で購入する投資家も多いだろうと話している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE