エルサルバドルの格付けを「Ba1」に引き下げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは、中米エルサルバドルの外貨建て政府債の格 付けを「Baa3」から「Ba1」に1段階引き下げた。格付け見通 しは「ネガティブ(弱含み)」。格付け会社による同国格付けの投機的 水準への引き下げはこれで3件目となる。

エルサルバドルの外貨建て銀行預金シーリングも「Baa3」か ら「Ba1」に引き下げられた。

ムーディーズの中南米担当地域信用オフィサー、マウロ・レオス 氏は発表文で格下げの理由について、「経済活動の崩壊が財政収入の減 少につながった」とし、これがエルサルバドルの短期的な財政見通し を悪化させていると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE