最も読まれた日本語記事(前週)-首位「CDS市場に信用崩壊の声」

前週(11月9日-14日)に最も 読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通り。 {JREAD}画面に基づき15日夕刻時点で集計(番号をクリックすると記 事が表示されます)。

1.日本のCDS市場に信用崩壊の声、アイフルADR手続きで 2.集中投資でTOPIXを圧倒-73歳キャピタル日本元代表 3.ウォール街ボーナス最高額に、ゴールドマンなど3社で2.7兆円 4.野村とバークレイズ、バンカー大量採用-他社の苦境追い風に 5.ゴールドマンは「シンプル」、CEOが分割論けん制 6.「事業再生ADR手続き」15社申請、債務調整の有力手段に 7.米JPモルガンCEO、ベアーS部門のブローカーに実父を採用 8.プロミス新社長:三菱UFJ系モビットや三洋信との合併検討 9.香港に響くシャトーラフィット狂想曲、課税全廃でワインの都に 10.【コラム】オバマ大統領がアジア初歴訪、「借金返せ」コールも

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE