中国は他国の保護貿易政策によって打撃-陳商務相

中国の陳徳銘商務相は13日夜、 シンガポールで、中国の輸出企業に対する調査や他の保護貿易措置が 世界の景気回復に悪影響を与える恐れがあると訴えた。同相はアジア 太平洋経済協力会議(APEC)の一連の会合に出席中。

同相は「中国は金融危機が始まって以来、財政・金融政策を活用 し、景気刺激策を実施してきた」と述べた上で、「しかし、中国は他国 の保護貿易主義によって打撃を受けている」と指摘した。

オバマ政権が9月11日に、中国製タイヤ製品に35%の関税を上 乗せすると表明した後、中国が米国製の自動車部品と鶏肉のダンピン グ調査開始を発表するなど、両国間で貿易上の報復措置が取られてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE