中国銀監会主席:外為取引で巨額投機―ドル安と米金利据え置きで

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)の劉明康主席は15日、北京での会合で記者団に対し、ドルの下落 と米国が政策金利を引き上げない決定を下したことが外為取引で巨額 の投機を引き起こしており、世界の資産価格に重大な影響を及ぼして いるとの認識を明らかにした。

同氏はまた、こうした状態が「株式・不動産市場での投機をあお っており、新興市場国を中心に、世界の景気回復にとって新たに実質 的な克服できないリスクを生じさせている」と語った。

参考画面:翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net Editor:Ozawa 記事に関する記者への問い合わせ先: Dingmin Zhang in Beijing at +86-10-6649-7576 or dzhang14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Brett Miller at +81-3-3201-8857 or bmiller30@bloomberg.net

%CNY %USD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE