鳩山首相:雇用情勢は相当厳しい、2次補正は必要-内政懇談

鳩山由紀夫首相は14日夜、 アジア太平洋経済協力会議(APEC)出席のため滞在している シンガポールで同行記者団と懇談し、現在の経済情勢について 「特に雇用情勢が相当厳しいと思う。補正予算をやはり相当、組 まなくてはいけない状況になるのではないか」と述べ、 雇用対 策などを盛り込んだ2009 年度第2次補正予算を編成する必要 性を強調した。

2次補正の規模に関しては「残り3カ月という話であれば、 15カ月予算みたいな話にはなってくる。3カ月で使い切るとい う話なら、そんなに大きな額にならないと思う」と指摘した。

菅直人国家戦略担当相が、2次補正の財源として1次補正予 算の一部執行停止で捻出(ねんしゅつ)した約2.9兆円のうち、 直ちに使用可能な額が2.7兆円を充てる考えを明らかにしてい ることについては「せっかくみんなが努力して財源を出したわけ だから、歳出カットした部分を、経済が厳しいという状況であれ ば、生活を考えればあり得るべき話だ」と語った。

一方、10年度当初予算に関しては「国債発行は44兆円に抑 えたいとずっと言っている。極力果たさなければいけない目標と 思っている」と述べ、新規国債発行額を09年度当初に第1次補 正を合わせた44兆円以下に抑える決意あらためて強調。その上 で、「財政規律というものも、きちっと見ておかないといけない、 守らなくてはいけないとの思いだ」と国の財政事情にも配慮する 考えも示した。

--取材協力:伊藤辰雄Editor:Hitoshi Sugimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: シンガポール 乙馬 真由美 Mayumi Otsuma +81-3-3201-8966   motsuma@bloomberg.net 東京      広川高史    Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京     大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京    Brian Fowler +81-3-3201-8891  bfowler4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE