ECBのウェーバー氏:IMFは世界の出口戦略の一端を

欧州中央銀行(ECB)政策委 員会メンバー、ウェーバー独連銀総裁は13日、国際通貨基金(IM F)は世界の出口戦略の一端を担う必要があり、危機管理の一環とし て受けた一部資金の差し出しを余儀なくされる可能性があるとの認識 を示した。

ウェーバー総裁はベルリンでのパネル討論会で、「各国の中銀や 政府と同様に、IMFも出口戦略の一端を担わなければならない」と 指摘。「IMFは過去に受けた資金の一部に別れを告げる必要がある。 危機時にわれわれが提供した資金が平時にもIMFに残っているとい うのは考えられないことだ。それは間違っている」と言明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori smori1@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Rainer Buergin in Berlin at +49-30-70010-6228 or rbuergin1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jana Randow at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE