ドルに下値余地、縮小した売り持ち高が再び拡大も-UBS

UBSは13日、ドルの売り持 ち高が10月6日に付けたピークから縮小しており、現在は売られ過 ぎの状態にはないと指摘し、一段安になる下地があるとの見方を示し た。UBSは自行のヘッジファンド取引データと商品先物取引委員会 (CFTC)の統計を引用して説明した。

UBSの外国為替ストラテジスト、ジェフリー・ユー氏(ロン ドン在勤)はリポートで、「UBSのヘッジファンド顧客のドル売 りポジションは、過去と比較して極端な水準にあるわけでは決してな い」と指摘。「トレーダーの持ち高を見ても、ユーロの対ドル相場が さらに上昇するのを絶対的に妨げるものはない。ただ、最終的には世 界的なリスク選好が決定要因となるだろう」と記述した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE