PIMCOのグロス氏:住宅ローン担保債や高利回り債は割高

債券ファンド運用最大手、米パ シフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の創 設者で共同最高投資責任者(CIO)、ビル・グロス氏は13日、住 宅ローン担保債や高利回り債は「過大評価されている」と述べた。

グロス氏はブルームバーグラジオとのインタビューで、「住宅 ローン担保債と高利回り社債は過大評価されているため、米国債や 投資適格級の社債の投資妙味が高まっている」と語った。その上で、 新興市場国の債券も「ある程度の」価値を提供していると続けた。

同氏はさらに、米政府による景気刺激プログラム後の民間部門の 景気回復について、その持続性は疑わしいと指摘。経済成長は平均を 下回る伸び率にとどまることから、利回りの高い債券のイールドスプ レッドは拡大するとし、米連邦準備制度理事会(FRB)の住宅ロー ン担保証券買い取りの終了に伴い、同証券の収益は打撃を受けるだろ うと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE