FRBの事実上ゼロ金利政策、次の危機招く恐れも-香港行政長官

香港の曽蔭権(ドナルド・ツァ ン)行政長官は13日、米連邦準備制度理事会(FRB)による事実 上のゼロ金利政策が投機的な資本の波を増幅させ、次の世界的危機を 引き起こす可能性があると警告した。

同長官はアジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席するため 訪問したシンガポールで講演し、「わたしは不安だ。各国当局も用心 すべきだ」と表明。「米国は、日本が前回やったこととまさに同じこ とをしている」と述べ、日本のゼロ金利政策は米住宅ローン市場崩壊 の一因になったと続けた。

長官はさらに、「現在は米ドルキャリー取引が行われている」と し、「資金の流出先は、問題が発生する地域であるアジアだ」と指摘。 「資産価格は、韓国だけではなく、台湾やシンガポール、香港でも上 昇し、経済のファンダメンタルズと相いれない水準まで跳ね上がって いる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE