仏7-9月GDP速報値:前期比0.3%増-2四半期連続プラス成長

フランス国立統計経済研究所 (INSEE)が13日発表した同国の2009年7-9月(第3四半 期)の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%増と、2四半期連 続のプラスとなった。輸出が増加したほか、政府の景気刺激策が個人 消費を促した。

ブルームバーグ・ニュースが集計したエコノミスト17人の予想 中央値では前期比0.6%増が見込まれていた。4-6月(第2四半 期)は同0.3%増だった。

フォルティス銀行オランダのエコノミスト、ヨースト・ボーモン ト氏(アムステルダム在勤)は「全体像としては緩やかな回復局面だ。 上振れの可能性もある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE