ソニー:磁気ヘッド製造拠点縮小、250人早期退職も-重複業務を削減

経営体質の強化や構造改革を進め ているソニーは13日、需要が減少している磁気ヘッドの製造拠点を集 約すると発表した。重複業務などを削減し、対象事業所の従業員には 早期退職制度も実施する。

100%子会社ソニーケミカル&インフォメーションデバイス(東 京・品川)が持つ国内製造拠点の一部を再編する。宮城県登米市にあ る豊里となかだの2事業所の運営を、2010年1月1日付で登米事業所 として一体化し、重複業務の削減や間接部門の効率化を図る。

なかだ事業所管轄内のくりこまファクトリー(宮城県栗原市)を 10年2月末で閉鎖。価格競争に対応するため、同事業所内のタッチパ ネル生産を10年3月末で終了し、中国の事業所(蘇州市)に移す。規 模が縮小する同事業所の従業員全員を対象に早期退職も募る。応募人 数は約250人を予定。

一方、パソコン(PC)やカメラ事業の一部機能の集約・統合も 併せて発表。デジタル一眼レフカメラ「α(アルファ)」関連の設計・ 開発を手がける大阪府大阪市の拠点を10年3月末までに品川テクノ ロジーセンター(東京・港区)に集約。長野テック(長野県安曇野市) でのPC設計機能を同年4月1日付でVAIO事業本部(東京・品川) に統合する。

-- 共同取材:安真理子、近藤雅岐  Editors:Takeshi Awaji, Hidekiyo Sakihama

参考画面: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE