IMF専務理事:世界経済は転換期にある-回復が始まっている

国際通貨基金(IMF)のストロス カーン専務理事は13日、世界経済がターニングポイントにあり、回復は 始まっているとの認識を示した。

同専務理事はシンガポールで、銀行のバランスシートの改善はまだ 終わっておらず、それがなされるまで世界的な景気回復は完了しないと 述べた。資本の流れは注視が必要だと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE