アジア株:小幅安、商品関連銘柄に売り-ペトロチャイナが安い

13日のアジア株式相場は小幅安。 世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンや中国最大の 石油会社、ペトロチャイナ(中国石油)など商品関連銘柄が売られた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時50分現在、前日 比0.1%安の117.69。今週の上げ幅を1.1%に縮小している。日経平 均株価は前日比34円18銭(0.4%)安の9770円31銭で取引を終えた。

三菱UFJ投信運用戦略部の石金淳シニアストラテジストは、「資 源価格の下落は資源を良く使う新興国経済への不安を表しており、嫌 気されて株の下落につながっている」と指摘した。

-- With assistance from Ben Sharples in Melbourne, Bob Chen in Hong Kong, Wes Goodman and Jonathan Burgos in Singapore, Yasuhiko Seki in Tokyo and Ian Sayson in Mania. Editors: Sandy Hendry, Linus Chua

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Patrick Rial in Tokyo at +81-3-3201-3773 or prial@bloomberg.net; Akiko Ikeda in Tokyo at +81-3-3201-2011 or iakiko@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE