IMF専務理事:世界の均衡回復が通貨に影響へ-アジアで切り上げも

国際通貨基金(IMF)のストロス カーン専務理事は13日、世界の均衡回復が通貨に影響を与えるとの認識 を示した。同専務理事はシンガポールで、アジアは需要改善に伴う通貨 切り上げを拒むべきではないとし、アジア通貨の価値調整は世界の均衡 回復や成長の結果によるものだと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE