北京で54年ぶり大雪、欠航や高速道路で足止め-温首相が対応指揮

中国の首都北京は、少なくとも54 年ぶりの大雪に見舞われ、航空機数百便が欠航したほか自動車を利用 する数千人が足止め状態となった。温家宝首相が対応策を指揮してい る。

温首相は12日午後、鉄道で北京に隣接する河北省に向かい、足止 めされている旅行者らの現状を視察した。中国国営の新華社通信によ ると、北京と周辺の山西省、河北省、遼寧省、内モンゴル自治区を結 ぶ高速道路では、数万人が足止めされている。

中国北部の高速道路や空港は13日も閉鎖されている。温首相は 12日夜、中国国営の中央テレビ局(中央電視台)の放送で足止めされ ているドライバーや政府関係者に対し「現時点で最も重要なのは安全 だ。ドライバーらの食料や水が確保されるよううまく対処する必要が ある」と述べた。

中国政府は道路の除雪のため大雪に見舞われた地域に警官2万 5000人を派遣。北京の空港では12日、欠航や遅れ合わせて450便に 影響が出た。校舎の崩壊で児童少なくとも7人が死亡した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE