NY金先物:来週も最高値更新か-投資家や中央銀行の買い見込む

金先物相場は来週も過去最高値を 更新しそうだ。下落しているドルの代替として投資家や中央銀行が金 を購入するとの観測が高まっている。

ブルームバーグ・ニュースがトレーダーや投資家、アナリストら 19人を対象に実施した調査によると、18人(95%)が来週の金相場は 上昇するとの見通しを示した。下落を予想したのは1人だった。

金先物相場は12日、最高値の1オンス当たり1123.40ドルに達し た。ドル指数は10日に1年3カ月ぶりの低水準まで低下。先週はイン ドとスリランカの政府が金を購入したと報道され、他国もこれに続く との観測が広がった。このため、週間ベースの金相場は今週、続伸と なる見込みだ。

米ニュージャージー州在住の投資家で米国三菱商事の元貴金属ト レーダー、ジム・ポゴダ氏は電子メールで「ドル相場の軟化によって 強まった上昇のモメンタム(勢い)とドルのさらなる下落見通しが金 相場を最高値に押し上げた」と指摘。「米金融当局は依然として過度に 金利を緩めることに重点を置いている。そのことがドル相場の下落や 金相場の上昇につながるはずだ」との見方を示した。

To contact the reporter on this story:

To contact the editor responsible for this story:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE