9月の米貿易赤字は拡大か、景気回復による輸入需要の高まりで-調査

米商務省が13日発表する9月の 貿易赤字は拡大したもようだ。1930年代以降で最悪のリセッション (景気後退)から回復するなかで、石油・自動車輸入の需要の高まり が反映されるとエコノミストはみている。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関77社を対象に実施し た調査の中央値では、9月の貿易赤字は318億ドルに増加したと見込 まれる。8月は307億ドルだった。また、労働省が発表する10月の輸 入物価指数は、3カ月連続の上昇となりそうだ。

IHSグローバル・インサイトの米国担当チーフエコノミスト、 ナイジェル・ゴールト氏は「内需は明らかに回復しつつあり、これが 輸入をけん引する」と指摘。「今後数カ月は輸入が輸出を上回るペース で増加するだろう」と語った。

9月の貿易収支は午前8時半(ワシントン時間、以下同じ)に発 表される。ブルームバーグ調査での赤字の予想レンジは286億-341 億ドル。

労働省が同時刻に発表する10月の輸入物価指数は、原油相場高の 影響で前月比1%上昇(56社の中央値)となる見通しだ。前年同月比 では5.5%の低下(13社の中央値)と予想されている。

午前10時には11月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指 数(速報値)が公表される。69社を対象に実施した調査の中央値では 71と、10月確定値の70.6から上昇するとみられる。

-- With reporting from Jack Kaskey in New York. Editors: Carlos Torres, Vince Golle

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington at +1-202-624-1837 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE