任天堂「Wii」8カ月連続減、ソフト不足-10月米ゲーム

ゲーム機世界トップの任天堂 の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」は、世界最大のゲーム市場で ある米国での10月の販売台数が8カ月連続でマイナスだった。有力 ソフトがなく、前年同月比37%減の50万6900台となった。

米市場調査会社NPDグループが発表した10月の販売台数は、 同世界3位ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS 3)」が同70%増の32万600台。ソニーに追随して値下げした米 マイクロソフトの「Xbox360」は同33%減の25万台となった。

東海東京調査センターの角田祐介アナリストは、Wiiの結果に ついて「Wiiの弱い数字に、もう投資家は慣れてきている」と述べ、 「市場の関心の中心は、次のハード戦略がどうなるかだ」と話した。

ソニーは8月にPS3の現行モデルを399ドルから299ドルに 25%値下げし、マイクロソフトも同月からXbox360の最上位 機種で同じ幅の値下げを実施、299ドルとした。任天堂もWiiの価 格を9月27日から50ドル安い199.99ドルとし、追随した。

--取材協力Adam Satariano Editors:Noriko Tsutsumi、Kenshiro Okimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE