ニッパツ株が急騰、自動車向けが予想以上に拡大-営業増益予想に一転

バネ専業のニッパツの株価が大幅 反発。エコカー減税による自動車販売台数の増加を反映して部品の販売 が好調、2010年3月期の連結業績は一転して増益になる見通しと12日 に発表した。市場予想以上の増額修正だったため買いが先行、前日比

7.4%高の729円で取引を開始した。

新しい連結営業利益予想は前期比30%増の136億円。従来計画は 45億円だった。自動車向けが好調なほか、パソコンのハードティス駆 動装置(HDD)向けの生産も好転してきたという。

ブルームバーグ・データに登録されたアナリスト7人の同利益予想 平均値は81億円。いずれのアナリストも会社側の従来計画を上回ると みていたが、修正数字はそれを大きく上回った。

上半期(4-9月)の受注拡大が想定以上であったため、同社は8 月7日と10月30日に同期の業績予想を上方修正していた。通期予想の 修正は今回が初めて。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE