藤井財務相:来年度予算は間違いなく95兆円から数兆円減る

藤井裕久財務相は13日夕、TB Sの番組収録で、来年度一般会計予算の概算要求総額95兆円について 「間違いなく数兆円は減る」との認識を示した。また、「国債の値段が 安くなることが一番心配だ。うんと増発することは絶対にやってはい けない」とも述べ、長期金利の上昇に警戒感を示した。

足元の経済情勢について財務相は、10月上旬にトルコで開かれた 「G7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)では日本経済が回ってい ない状態で、出口戦略を検討するような状況には全くないと申し上げ た。世界経済は全体として難しいところにある。その結果、働く方を 中心にしわ寄せがいっている。すぐに対策をしなければならない」と 述べ、雇用対策の必要性を強調した。

藤井財務相はまた、番組収録後に一部記者団に対し、今年度2次 補正の策定時期について「まだ時間が早いだけだ」と述べ、12月に取 りまとめる考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE