英BAとイベリア航空が合併で合意-6300億円規模(Update1)

(詳細を追加します)

【記者:Steve Rothwell】

11月12日(ブルームバーグ)英航空会社ブリティッシュ・エア ウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空は12日、70億ドル(約 6300億円)規模の合併計画に合意したと発表した。旅行需要不振に対 応して提携を目指した1年余りにわたる交渉を決着させ、同業大手を 追撃する。

発表資料によると、合併はすべて株式を通じて実施し、BAの株 主は1株につき合併新会社株1株を受け取る。イベリア航空の株主は 1株につき新会社株1.0205株を得る。

同資料は「今回の合併には説得力のある戦略的理由がある。合併 により、年間で約5億ユーロ(約537億円)の統合効果が見込まれ、 両社株主と顧客、従業員に恩恵をもたらす」と説明した。

合併新会社は同業大手のエールフランスKLMグループや独フル トハンザ航空に対する競争力を高めた世界的航空会社となる。BAの 米国便とイベリア航空の中南米サービスを融合させることで、大西洋 両岸を結ぶドル箱路線で主導的地位を強化するとともに、欧州3位の 航空会社としての足場を固める。

合意に基づき、BAの株主の持ち分は約55%となる。BAのウィ リー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)が新会社を率いる。法人 登録はマドリードで行い、本社はロンドンに置く。合意は当局と株主 の承認を受ける必要があり、イベリア航空は「BAと年金受託会社の 協議の結果が満足なものでないと合理的に判断した場合には」合意を 終わらせる権利を持つ。合併は来年完了する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE