NY銅先物:下落、ドル上昇や在庫が半年ぶり高水準で需要後退を懸念

12日のニューヨーク銅先物相場 は下落。ドルが続伸し、在庫が半年ぶりの高水準に達したことで、需 要が後退するとの懸念が広がった。

ドルは主要6通貨のバスケットに対して一時、0.7%高となり、 商品の投資妙味が損なわれた。ロンドン金属取引所(LME)の指定 倉庫の銅在庫は1.2%増の40万2125トンと、5月6日以来の高水 準となった。

キャピトル・コモディティ・サービシズのラニー・コーエン社長 は「ドルがより高い水準で安定してきていることが、銅相場に悪影響 をもたらしている」とし、「LMEの在庫も増加してきており、これ も悪材料だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場3月限終値は前日比1.8セント(0.6%)安の1ポンド=

2.973ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE