元ハラビ氏所有のロンドン物件、来年販売も-4億ポンドの調達目指す

英投資家サイモン・ハラビ氏 が所有していたロンドンのオフィスビルが来年にも売り出される見通 しだ。事情に詳しい関係者2人によれば、これら物件を裏付けとした 証券を管理するCBリチャード・エリス・グループは、債権者への返 済に向け、半年以内に最大4億ポンド(約600億円)の調達を目指 している。

情報が非公開であることを理由に匿名で語った関係者らは、売り 出される物件数については明らかにしなかった。ハラビ氏が所有して いたロンドンのオフィスビル9物件中6物件は、税金滞納で政府に差 し押さえられるのを防ぐため管財人の管理下に置かれた。

CBリチャード・エリスはこれら物件を担保に組成された11億 5000万ポンド相当の証券を管理している。同社と、管財人である会 計事務所のアーンスト・アンド・ヤングは来年初めにも一部物件を売 りに出すため、間もなく仲介業者2社を指名するという。これら物件 は個別に販売され、改装を必要とする物件が恐らく先に売り出される 見込みだと関係者の1人は述べた。

米JPモルガン・チェースがオフィスを構えている2棟を含むハ ラビ氏の物件を裏付けとした証券のデフォルト(債務不履行)は、英 国での商業用不動産ローン担保証券(CMBS)デフォルトとして今 年最大規模。ハラビ氏の9物件の評価額は、「ホワイト・タワー 2006-3」発行の証券が組成された2006年当時は18億3000万ポ ンドだったが、デフォルトした今年6月時点には、ほぼ半分に落ち込 んでいた。

ハラビ氏にコメントを求めるブルームバーグからの電話への応答 は得られていない。アーンスト・アンド・ヤングの広報担当者、ビッ キー・コニ-ビアー氏はコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE