仏カリヨン:商品チーム拡張へ、ETF投入も検討-需要増大に対応

フランスの銀行、クレディ・ア グリコルの投資銀行部門カリヨンは商品への需要増大に対応し、商品 グループの拡大を進めている。また、上場投資信託(ETF)を投入 する可能性もある。

カリヨンの商品世界責任者、マーティン・フレンケル氏によると、 商品チームにはトレーダーやアナリスト、セールス担当者を含めたフ ロントオフィス要員が70人いる。同氏は増員について、具体的な人数 は挙げなかった。今月業務を開始したEDFトレーディングとの合弁 事業では年末までに12人を採用する計画だという。

同氏は11日にロンドンでインタビューに答え、「来年はすべての 分野で事業拡大を見込んでいる」と語った。

商品24品目で構成するS&P・GSCI指数は年初来47%上昇。 ヘッジファンドなど大手金融機関の買い持ち高から売り持ち高を差し 引いたネットロングは2008年7月以来の最高に達している。バーク レイズ・キャピタルの4日のデータによればETFには今年274億ド ルが流入した。

フレンケル氏はETFについて、「すべての種類の商品に対して 関心が高い」とした上で、「現物を裏付けとした貴金属ETFが最も 運営しやすい」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE