グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は5営業日ぶりに反落。ハンセン指数の1年3カ月 ぶり高値到達で割高感が浮上したほか、中国の温家宝首相が世界経済 回復は緩慢で道は平坦でないだろうと発言したことも地合いを悪くし た。

中国銀行(3988 HK)は2.3%安。半導体ファウンドリー(受 託生産)中国最大手、中芯国際集成電路製造(SMIC、981 HK) は7.6%下げた。11日には74%上昇していた。

一方、中国政府系の香港投資会社Citicパシフィック(中信 泰富、267 HK)は9.1%の大幅高となった。オーストラリアでのプ ロジェクトで産出する鉄鉱石を中国の製鉄所に供給する合意が好感さ れた。

ハンセン指数は前日比229.64ポイント(1%)安の

22397.57。前日の終値は2008年8月1日以来の高値だった。ハン セン中国企業株(H株)指数も前日比1%下げ13324.99。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数は下落。金融株が下げた。一 方、商品相場の上昇を手掛かりに資源株が高くなったほか、小売売上 高の伸びを受けて業績期待が高まった家電関連銘柄が値上がりした。

深セン発展銀行(000001 CH)は1.7%安。景気回復が加速す るなか、政府が信用を引き締めるとの懸念が広がった。中国3位の産 金会社、山東黄金礦業(600547 CH)は1.3%高。中国最大の家電 メーカー、海爾集団(ハイアール・グループ)傘下の青島海爾 (600690 CH)は4.5%上昇した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比2.25ポイント(0.1%)安の

3172.95で終了。同指数はただ10-12月(第4四半期)に入り 14%上昇しており、世界で3番目に良好なパフォーマンスとなって いる。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前 日比0.1%高の3499.99。

好望角股權投資管理(上海)の鄭拓社長は「景気回復の力強さか ら、企業利益の伸びは来年20%を超えるというのが市場の一致した 見方で、これがバリュエーション(株価評価)を魅力的にするだろ う」と語った。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。9月のインド鉱工業生産が市場予想を上 回る伸びとなったことを背景に、同国政府が景気刺激策を引き揚げ始 める可能性があるとの懸念が広がった。

インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは 2%下げた。国内最大の銀行、インド・ステイト銀行は3.6%安。ム カジー財務相はインドの9月の鉱工業生産指数が9.1%上昇したこと について、「力強い数値だ」と発言した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は、前日比153.57ポイ ント(0.9%)安の16696.03で引けた。

マルチ・スズキ(MSIL IN)の終値は1423.1ルピー、ステイ ト銀(SBIN IN)は2293.65ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比9.1ポイント(0.2%)安の4747.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比22.09ポイント(1.4%)安の

1572.73。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比2.87ポイント高の7670.93。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比14.19ポイント(0.5%)安の2726.24。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比1.60ポイン ト(0.1%)高の1271.75。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比21.18ポイント(3%)安の696.72。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比16.40ポイント(0.7%)高の

2420.28。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比26.78ポイント(0.9%)高の

3073.92。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE