ユーロ圏の10年成長率予想、1%に上方修正-ECB調査

欧州中央銀行(ECB)は12日、 経済予測の専門家がユーロ圏の成長率予想を上方修正したことを明ら かにした。

ECBが公表した月報によると、同中銀の調査に答えた専門家は 2010年のユーロ圏成長率を1%と予想。3カ月前の予想の0.3%から 上方修正した。今年の成長率予想はマイナス3.9%と、8月時点の予 想のマイナス4.5%から改善した。

ブルームバーグがエコノミストを対象にまとめた調査によれば、 09年7-9(第3四半期)のユーロ圏成長率は前期比プラス0.5%と なりリセッション(景気後退)脱却が示される見込み。域内総生産(G DP)統計は13日に発表される。ECB政策委員会メンバーのメルシ ュ・ルクセンブルク中銀総裁は10日、ECBの成長率予想も上方修正 される可能性があると述べていた。ECBの予想は12月に公表される。

月報は「最新の情報は引き続き、今年7-12月(下期)の経済活 動改善を示唆した」とし、「政策委はユーロ圏経済が10年に緩やかな ペースで回復すると予想する。予想には引き続き高い不確実性がある ことを認識している」と説明している。

トリシェ総裁は5日の記者会見で、市中銀行への1年物資金供給 を今年12月を最後に打ち切る可能性を示唆した。月報は「ECBの流 動性措置のすべてが今までと同じ度合いで必要ということにはならな いだろう」とし、トリシェ総裁の5日の発言内容を踏襲した。「政策委 は今後確実に、異例の流動性措置が適切な時期に徐々に段階を追って 引き揚げられるようにする」と続けた。

ECBは月報で、6月以来マイナスだったインフレ率が今後数カ 月でプラスに転ずるものの、物価圧力は「弱い」状態が続くとの見通 しを示した。調査に答えた予測専門家のインフレ率予想は09年が平均

0.3%、10年が1.2%で、前回予想とほぼ変わらず。長期のインフレ率 予想は1.92%と前回の1.98%から低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE