豪ヘッジファンド:10月の運用成績はマイナス0.3%-株価低迷で

オーストラリアのヘッジファンド は10月のリターンが平均でマイナス0.3%となった。これまで7カ月 連続でプラスだった運用成績は、株価が低迷するなかでマイナスに転 じた。

豪国内のヘッジファンド200本強の運用成績の指標であるオース トラリアン・ファンド・モニターズ(AFM)指数は、約2年で最長 の連続プラスが途切れたことになる。

世界のヘッジファンドが2008年の過去最高の落ち込みから持ち 直すのに歩調を合わせて、豪州のヘッジファンドも今年、17.6%のリ ターンを記録。調査会社ユーリカヘッジ(シンガポール)の暫定リポ ートによると、世界の2000本余りのファンドで構成するユーリカヘッ ジ・ヘッジファンド指数は10月に0.3%低下した。年初来では16%上 昇している。

豪州株の指標であるASX200指数は10月の騰落率がマイナス

2.1%となり、7カ月連続の上昇に終止符が打たれた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE