万里の長城:金採掘のため内モンゴル自治区の企業が破壊か-新華社

中国国営の新華社通信は、中国の 金採掘会社が内モンゴル自治区で金を採掘するため、万里の長城を約 100メートルにわたって破壊した可能性があると報じた。

新華社通信によると、この採掘会社は、秦王朝の時代に建設され た万里の長城の一部の2カ所に穴を開けた疑いがある。地方政府から 5回にわたって停止命令を受けたが、無視したという。

新華社通信によると、万里の長城を損傷した場合、最高50万元(約 660万円)の罰金か最長10年の懲役が科される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE