中国首相:金融危機からの回復は緩慢で困難な道のりに

中国の温家宝首相は12 日、大恐慌以後で最悪の金融危機に見舞われた世界は、緩やかで まだら模様の回復局面にあるとの認識を示した。

温首相は北京のフォーラムでテレビ演説を行い、「最悪期は 脱した」と述べた上で、「世界経済は回復し始めているが、完全 な回復までは緩慢で、困難なプロセスになろう」と語った。

中国人民銀行(中央銀行)は11日、保護貿易主義や財政刺 激策の持続性、「物価の不確実性」などがリスクとして存在する と指摘した。ブルームバーグ端末ユーザーを対象とした調査によ れば、世界経済に対する信頼感は11月に低下。各国政府が一部 の緊急措置を打ち切り、回復が遅れる恐れがあるとの懸念が背景 にある。

温首相はまた、中国は適度に緩和的な金融政策と「積極的」 な財政政策を維持するとともに、4兆元(約53兆円)の景気刺 激策の微調整を続けると述べた。政策当局者はインフレ期待を管 理する必要があるとの考えもあらためて示している。

温首相は人民元について言及しなかった。前日には人民銀が 発表した四半期金融政策報告書で、人民元の「基本的な安定を維 持する」との文言が削除されたことを受け、人民元の先高観測が 強まった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE