NY原油時間外:79ドル台で推移-中国の原油の純輸入量が急増

ニューヨークの原油先物相場 は12日の時間外取引で1バレル=79ドル台で推移している。10月 の中国の原油の純輸入は、工業生産が燃料需要を盛り上げていること から過去2番目の水準に急増した。

前日の通常取引は一時、1.3%上昇。10月の中国の鉱工業生産 が拡大したことから、景気回復ペースが強まったとの見方が出た。中 国税関当局によると、10月の中国の原油の純輸入量は約1900万ト ン(日量450万バレル)。

コモディティ・ブローキング・サービシズ(シドニー)のマネジ ングディレクター、ジョナサン・バラット氏はブルームバーグテレビ ジョンのインタビューで、「上昇待ちの相場だ」とし、原油が80ド ルを上回るようならば「85ドルを目指すポジティブなファンダメン タルズ(基礎的諸条件)は十分にある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限はシ ドニー時間午後零時7分(日本時間午前10時7分)現在、30セン ト高の79.52ドルで取引されている。前日の通常取引は23セント 高の79.28ドルで引けた。年初来の上昇率は78%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE