ヤフー株が反発、広告市場底入れとの見方-ゴールドマン証「買い」に

ポータル(玄関)サイト国内最大 手のヤフーの株価が8営業日ぶりに反発した。広告市場に底入れの兆し が見え始めているとの指摘が出て、買い注文が先行。午前9時15分、 前日比4.1%高の2万7370円で売買が成立した。

ゴールドマン・サックス証券は11日付で投資判断を「中立」から 「買い」に引き上げた。目標株価は3万1500円を継続。11日の終値と 比べ20%の上値余地があるとみている。

担当の吉田憲一郎アナリストは投資家向けのメモで、「国内市況の 底入れとインタレストマッチ(興味連動型広告)の伸長で、広告売上高は 第3四半期(10-12月)から前年同期比プラス転換し、再びトップラ イン成長路線に回帰しよう」との見方を示す。また、株価が堅調な楽天 や米グーグルと比べて「割安感が強まった」ことも指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE