日本株は下落、薬価引き下げ観測の医薬品、増資警戒の海運中心に安い

日本株相場は下落。政府の事業仕 分けに伴う薬価引き下げの可能性が警戒され、武田薬品工業や塩野義 製薬など医薬品株が売られた。増資による1株価値希薄化の懸念で、 日本郵船が52週安値を更新するなど海運株も安い。

日経平均株価の終値は前日比67円19銭(0.7%)安の9804円49 銭。TOPIXは同4.59ポイント(0.5%)安の867.70。

岡三アセットマネジメントの伊藤嘉洋上席ストラテジストは、「民 主党政権による政策懸念や財政不安による金利上昇、円高進行などを 背景に、日本経済の先行きが読み切れず、積極的に買えない」と話し た。

東証1部の業種別33 指数は、電機や医薬品、化学、小売、その 他金融、海運など28業種が下落。上昇は輸送用機器、精密機器など5。 騰落銘柄数は値下がり1311、値上がり263と、全体の約8割が安い。 売買代金は1兆2374億円と、過去1年間の平均1兆4247億円を引き 続き大きく下回った。

低金利政策が維持されるとの見方で、11日の米ダウ工業株30種 平均とS&P500種株価指数が2008年10月以来の高値を更新した流 れを受け、朝方は買い先行で始まったが、午後になって下落基調を強 めた。立花証券の平野憲一執行役員によると、「米景気の失速懸念は後 退しつつあるが、日本株は上値が重い。アジア諸国と比べると、国力 はあれど成長性が劣り、日本株は盛り上がりにくくなっている」とい う。

ブルームバーグ・データによると、過去3カ月の日本、アジア株 指数の騰落率は日経平均6.1%安、TOPIX9.7%安とマイナスとな っているのに対し、中国シンセン指数は9%高、インドのSENSE X30種は12%高、ベトナムVN指数は9.8%高と大幅上昇している。

政策の先行き不安を日本株の低迷要因に挙げる向きが多い中、こ の日も民主党政権による政策が売りのきっかけとなった。きょう売ら れたのは医薬品株だ。行政刷新会議のワーキンググループが11日の 「事業仕分け」で、先発医薬品の価格について「後発品の薬価を目指 して引き下げる」と確認したなどと日本経済新聞朝刊などが報道。薬 価が引き下げられれば業績に影響を与えかねないと懸念され、医薬品 指数はTOPIXの下落寄与度2位となった。

また、相次ぐ企業による増資も相場の上値を抑え、きょうは海運 株の下げが目立った。日本郵船は12日、公募増資などにより手取り概 算で最大1425億円を調達すると発表。船舶への設備投資などに充当す る。公募増資などで最大4億6000万株の新株を発行する計画だ。1株 価値の希薄化懸念などから、海運株が総じて下落。海運指数は東証業 種別33指数の値下がり率2位。

サンフロ不がストップ安、荏原安い

個別では、棚卸資産の評価損計上などで4-9月期の連結純損失 が43億3600万円と、事前計画の3億5000万円から悪化したサンフロ ンティア不動産がストップ安。風水力部門や精密・電子部門の受注高 が急減し、4-9月期は前年同期に続く最終赤字となった荏原が急反 落。10年3月期の連結最終赤字が拡大する見通しのアルプス電気は5 日ぶりに大幅反落した。

ベトナム工場の生産性改善の遅れや円高による為替差損も響き、 10年3月期の赤字幅が従来計画から拡大する見通しのユニデンが急 落。広告主からの出稿が減少し、1-9月期の連結純利益が前年同期 比90%減の2億6300万円となったアサツーディケイも安くなった。

自動車堅調、タカラトミやMSCI採用高い

半面、国内企業の決算発表が一巡し、業績を分析したアナリスト のリポートが材料視され始めた。注目されたのが自動車株。ゴールド マン・サックス証券は11日、自動車メーカーの上期決算の総括レポー トを発表。コスト削減を先行して実施するホンダをコンビクションリ スト「買い」に追加し、米国主導の収益改善を期待できる富士重工業 の投資判断を「中立」から「買い」に上げた。

玩具販売の好調で、10年3月期の業績計画を増額したタカラトミ ー、コスト削減に取り組み、4-9月末時点で既に期初に計画した通 期削減額を上回ったCSKホールディングス、JPモルガン証券が投 資判断を上げた東京精密が上昇。また、機関投資家が運用成績を比較 するベンチマークに使うMSCI指数のグローバル・スタンダード・ インデックスに新規採用された千代田化工建設、シスメックス、小糸 製作所なども上昇した。

新興3市場は安い

国内新興3市場は軒並み下落。ジャスダック指数は前日比0.2% 安の47.25、東証マザーズ指数は同1.3%安の399.82、大証ヘラクレ ス指数は同1.1%安の551.37。個別では、10年3月期の連結最終損益 が赤字転落する見通しとなったMAGねっとホールディングスが反落。 設備投資抑制の影響で、10日に今期の収益計画を引き下げている国際 計測器は4日続落。4-9月期が営業減益だった田中化学研究所は急 落した。

半面、仕入体制の見直しや製造コストの削減で今期の利益予想を 増額、期末の配当計画も上積みした卵メーカーのイフジ産業がジャス ダックの上昇率1位。自社株買いを発表した日本ベリサイン、アスク ルと資本提携すると発表したネットプライスドットコムはストップ高 買い気配のまま終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE