債券は上昇、5年入札順調で需給改善-10年債利回り1.3%台に急低下

債券相場は上昇(利回りは低下)。 5年国債の入札結果が順調だったことから、国債供給に伴う需給悪化懸 念が弱まった。現物債には前日に続いて買いが膨らんでおり、新発10 年債利回りは午後に1.3%台後半まで急低下した。

トヨタアセットマネジメントの深代潤チーフファンドマネジャーは 財政悪化に関して想定しうる売り材料を織り込んだようだといい、「金 利がじり高に推移していると手を出しにくいが、いったんピークをつけ て下げに転じると慌てた買いが膨らむ展開だった」と指摘した。

現物市場で新発10年物の303回債利回りは前日比0.5ベーシスポ イント(bp)低い1.425%で始まった。しばらく1.415-1.425%で推移 した後に買い進まれる展開となり、午後には一時6bp低い1.37%をつ けており、一日の金利の下げ幅としては約1年ぶりの大きさ。午後4時 26分現在では1.37%での推移となっている。

303回債利回りは10日午前に1.485%まで上昇して、新発10年債と して6月16日以来の高い水準を記録したが、その後は投資家の買いを きっかけに低下に転じた。大和住銀投信投資顧問の横山英士ファンドマ ネジャーは、10年債利回りが8月につけたピークの1.46%を上抜けて も、節目の1.5%付近では買いが入るとの見通しが多かったといい、 「まさに市場の読みどおりの推移をたどった」と指摘した。

さらに、5年債の入札結果が順調だったことも、その後に中長期ゾ ーンの買いが活発化する一因となった。クレディ・スイス証券の河野研 郎債券調査部長は、週初まではなお5年債入札に対する懸念が強かった だけに、入札結果を好感した買いが入っていると指摘していた。

先物は3週間ぶり高値圏

東京先物市場の中心限月12月物は前日比2銭安い137円84銭で始 まり、直後にこの日の安値となる137円82銭をつけた。いったんは137 円90銭付近でもみ合っていたが、その後の日中取引ではじりじりと買 い進まれて、一時は10月22日以来の高値圏となる138円51銭まで上 昇。結局は63銭高の138円49銭で終了した。

先物12月物は週初には137円29銭まで続落して、中心限月として は8月半ば以来の安値をつけていたが、現物市場での買いをきっかけに 急反発に転じた。市場では、商品投資顧問(CTA)などが売り持ち高 を解消したとみられており、節目の138円台を上回って以降には買い戻 しがさらに活発化した。

ただ、投資家が金利低下に追随して現物買いに動く公算は小さいだ けに、先物高の持続性にも懐疑的な見方があった。みずほ証券の海老原 慎司クオンツアナリストは確かに現物債にも投資家の買いが入ったが、 これまで売り込まれた10年債に買い戻しが膨らんだ感もあると分析。 「10年債の1.3%台では水準感からは買いにくくなるため、先物も138 円台半ばがレンジの上限となりそう」と指摘した。

5年債入札は順調

5年債の入札結果が順調だったことが、午後の取引において一段と 買い安心感を強めた。みずほ証の海老原氏は5年債の入札結果が事前予 想通りに順調だったことについて、利回り水準が0.7%付近まで上昇し たことと、ここ数日の相場の地合いの改善によるところが大きいとみて おり、短期的には売りの出にくい環境となったとの見方を示した。

トヨタアセットの深代氏も、国債増発という息の長いテーマはある ものの、きょうは銀行勢の買いが戻ってきたようだと指摘する。そのう えで、5年債など中期ゾーンまでは景気や物価動向の影響を受けやすい だけに、企業物価指数の予想以上の下げなどはサポート要因ともいい、 「今後は0.6%台前半を中心としたレンジに移行するのではないか」と の見方も示した。

日銀が12日に公表した10月の国内企業物価指数は前年同月比

6.7%下落した。9月の同8.0%からは下落幅が縮小したが、ブルーム バーグ・ニュースの予想調査である同6.0%低下を下回った。

財務省は午後零時45分に5年国債(85回債、11月発行)の入札結 果を発表。最低落札価格100円3銭、平均落札価格は100円5銭。最低 価格は事前予想の100円2銭を上回り、最低と平均価格の格差(テー ル)は前回債の4銭から2銭に縮小した。一方、応札倍率はほぼ6年ぶ り低水準となった前回の2.17倍から3.70倍に上昇した。

--取材協力:池田祐美 Editors:Hidenori Yamanaka,Joji Mochida

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 赤間信行 Nobuyuki Akama +81-3-3201-8842 akam@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE