米メーシーズの8-10月:赤字、通期利益見通し予想下回る-株価下落

米百貨店チェーン2位、メーシ ーズが11日発表した2009年8-10月(第3四半期)決算は赤字と なった。同社が発表した2010年1月期の利益見通しがアナリスト予 想を下回ったことを受け、株価は約7カ月ぶりの大幅安となった。

同社の発表資料によると、第3四半期の純損失は3500万ドル (1株当たり8セント)と、前年同期の4400万ドル(同10セント) から赤字幅が縮小した。売上高は前年同期比3.9%減の52億8000 万ドル。

失業や住宅価格の下落に直面する消費者が買い控えする中、開店 1年以上の既存店売上高は3.6%減少。10年1月期の一部項目を除 いた1株利益見通しは最大1.06ドルと、ブルームバーグ・ニュース がまとめたアナリスト予想平均(1.15ドル)を下回った。

エドワード・ジョーンズのアナリスト、マット・アーノルド氏は この日電話取材に応じ、「歳末商戦での消費者の支出意欲は不透明で あり、小売業者がどの程度販売促進に力を入れる必要があるかも予測 できない。恐らく粗利益は打撃を受けるだろう」と分析。「見込み違 いの余地が残る」と述べた。

同社の株価終値は1.57ドル(8.1%)安の17.86ドルで、4月 20日以来の大幅下落。年初来では73%上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE