カナダ・ドル:約3週間ぶり高値、中国経済指標で世界景気見通し改善

11日の外国為替市場では、カナ ダ・ドルが米ドルに対して約3週間ぶりの高値に上昇した。中国の経 済指標で景気が拡大していることが示されたのを受け、世界景気見通 しが改善し、株式・商品相場の上昇の拍車が掛かった。

カナダ・ドルは一時1米ドル=1.0433カナダ・ドルと、10月 22日以来の高値を付けた。金相場は過去最高値を付け、原油価格は 1バレル=80ドルを突破、S&P500種株価指数は1年1カ月ぶり の高値に上昇。カナダ・ドルは株式・商品相場の動きに連動する傾向 がある。

バンク・オブ・モントリオールの外為セールス責任者、ジョナサ ン・ジェンチャー氏は「株式・商品相場が改善しているというシナリ オが広がっている」と述べ、「リスク選好が戻ってきた」と指摘した。

カナダ・ドルはトロント時間午後3時50分(日本時間12日午 前5時50分)現在、前日比0.3%高の1米ドル=1.0460カナダ・ ドル(1カナダ・ドル=0.9560米ドル)。10日は1.0495カナダ・ ドルだった。カナダの債券市場はリメンブランスデーの祝日で休場。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE