ECBのウェーバー氏:物価安定リスクへの対処は「極めて重要」

欧州中央銀行(ECB)政策委 員会メンバー、ウェーバー・ドイツ連銀総裁は11日、政策当局者は 物価安定へのリスクが表面化した場合に備え、対処できる準備を整え ておく必要があると指摘した。一方で、緊急措置を引き揚げる時期で はまだないとの考えを示した。

ドイツのホーヘンハイムでの講演原稿によると、ウェーバー総裁 は「金融政策の分野において、物価安定へのリスクが顕在化した場合 に対処することは極めて重要だ」とした上で、「出口戦略を取る適切 な時期を逃してはならない」と述べた。

同総裁はまた、金融市場が安定し、ユーロ圏各国はリセッション (景気後退)から脱却しつつあるものの、緊急措置を引き揚げるには 「時期尚早」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE