アジア株は最大20%上昇も、業績予想の上方修正で-UOBアセット

UOBアセット・マネジメント (シンガポール)によれば、日本を除くMSCIアジア太平洋指数に 採用されているアジア株は、アナリストによる業績予想の上方修正に 伴い向こう1年で10%から20%上昇する可能性がある。

同社の最高投資責任者(CIO)を務めるティオ・ブンキアット 氏は10日のインタビューで、同社は個人消費への依存度が高い企業や、 地域経済の回復の恩恵を受ける公算が大きい企業を選好していると語 った。個別銘柄については言及していない。

ティオ氏は「アジアは欧米に由来する需要のスラック(たるみ) を取り除く役割を果たしている」と指摘。「業績予想は依然として極め て厳しいが、年内と来年にかけて上方修正の余地は大きい」と語った。

同氏はさらに、「景気刺激策が打ち切られたとしても、個人消費の 勢いが続かないとの理由は見当たらない」と述べた上で、「アジアでは 消費関連株の重要性はますます高まっていく」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE